お問合わせ
0823-21-2508

結婚式
神とともに御神酒を酌み交わし契りを固める
杯を交わした二人は晴れて夫婦となるのです

結婚は、数ある人生儀礼の中でも最も晴れやかな節目です。

神様のおはからい(御神縁)によって結ばれた二人が、 神様の前で苦楽をともにして 明るく楽しい家庭を築き子孫の繁栄をはかることを誓い合います。
なんと言っても、共同体の最小単位は家族。
すばらしい家族があってこそ、国の繁栄や世界の平和がもたらされるのではないでしょうか。

結婚式の申込み手続きについて

結婚式玉串料

通常挙式50,000円
特別挙式150,000円

結婚式当日は参集殿控室をお使いいただけます。
特別挙式では、 通常挙式に加えて楽人による雅楽の生奏楽(入場時の参進から祭典終了まで)と、 本殿の一番近くにお祀りした金の御幣でのお祓いが次第に加わります。
結婚式の詳しい内容は式次第の欄をご覧下さい。

ご参列者について

結婚式の参列人数に決まりはありません。
一般的には新郎家、新婦家よりそれぞれご家族ご親族が数名~20名程度ご参列されます。 最近では、ご家族だけ、もしくは、ご家族の参列も無しで新郎新婦のお二人だけ、 といった形も増えました。 また逆に、ご家族ご親族だけではなく、新郎新婦のご友人も参列される場合も有ります。
最大で新郎様側に40名程度、新婦様側にも40名程度のご参列が可能です。(ちょっと狭いかもしれません)

お申し込みについて

来社いただき、申込用紙に必要事項をご記入の上、結婚式玉串料を添えてご提出いただいた時点で、 正式なお申し込みとなります。
正式なお申し込みまでに、電話 0823-21-2508メールまたは来社にて、挙式日時・空き状況等ご確認下さい。 その時点で挙式日時の仮予約も可能です。
なお、神社の諸行事や祭典の為に、結婚式をお受けできない日取りや時間帯がございますので、 合わせてご確認下さい。

【おことわり】
正式申し込み後、万一御解消の場合も玉串料の返金は致しませんので、 ご了承願います。
また、仮予約をされて、1週間以内に申込書の提出がない場合には、 予約を取り消しさせていただきます。

貸衣装・美容・着付けについて

当社では、地元で長年営業されている確かな技術をお持ちになった指定店を定めております。 当社結婚式では特別価格にてご利用頂けますので、安心してご利用下さい。

和装白無垢での結婚式をご予定の場合、新郎様は挙式時刻の約1時間前。 新婦様は挙式時刻の約2時間前からのお支度となります。 着装するものや記念撮影のタイミングなどの条件によってお支度開始の時刻は異なりますので、 ご担当の美容室様にご確認下さい。

◆ 貸 衣 装
 石谷衣装店  呉市本通5-8-20  tel 0823-24-2244
◆ 美 容 室
 森岡美容室  呉市本通4-4-24  tel 0823-24-5201
◆ 写 真 館
  稲田写場  呉市中通3-8-16  tel 0823-21-4347
  岡本写真館  呉市本通4-10-3  tel 0823-25-0111

指定店以外のご利用希望の場合は、ご相談下さい。
また、呉阪急ホテル、クレイトンベイホテル、呉森沢ホテル、シティプラザスギヤの 各店舗指定の貸衣装、美容着付け、お写真の利用も可能です。 ご相談下さい。

石谷衣装店、呉阪急ホテル、クレイトンベイホテルでは 亀山神社挙式パックもご用意されています。 パックのお申し込みはそれぞれの店舗となりますので、直接各店舗にご相談下さい。

結婚式当日

当日の流れ

ここ数年の当社の結婚式で一番一般的な、 「ホテルでお支度を済ませて神社で結婚式の神事のみを行う」場合の流れをご紹介します。

・挙式3時間前 新婦様はホテルにてお支度開始
・挙式30分前 新郎新婦並びにご親族がホテルから神社に到着
・挙式15分前 ご新郎ご新婦様に式進行の最終説明(社殿内)
・挙式10分前 両家の親族代表者に式進行の説明(社殿内)
・挙式分前 両家整列のもと、神職巫女とともに社殿に参進
・定刻    結婚式開式(所要時間約30分)
・挙式後   社殿正面にて集合写真撮影
・挙式10分後 新郎新婦並びにご親族がホテルに移動

ホテルで披露宴や食事会を予定されている場合は、ほぼこの形となります。 逆に、挙式のみを行う場合や、お支度が出来ない会場(レストランや料亭など)で披露宴を行う場合は、 お支度場所が当社参集殿控室となります。
当社と会食場所との距離にも依りますが、 披露宴開宴時間の1時間30分前、もしくは2時間前に当社での結婚式を開式すると、 流れがスムーズかと思います。

和装のお支度が有る場合は、神社控室若しくは美容室・ホテル等にて 挙式約2~3時間前から新婦様のお支度がスタートしますので、 担当の美容室と時間などをご確認下さい。
また、平服または洋装での挙式の場合は、お支度の時間が大幅に短縮されます。 最近は新郎新婦のお二人だけご家族だけで、 平服にて結婚式を行う場合も増えて参りました。 神社では和装以外の挙式もお受け致しておりますので、式前後のご都合やご家族やご本人の体調等を 考慮されて、柔軟にお考え下さいませ。

式次第

参進参列者整列の上、社殿に進みます
修祓お清めのお祓いです
献饌神様へのお供えをします
祝詞奏上神職が新郎新婦お二人の新しい門出を祝う祝詞を神様に申し上げ、 神様のご加護をお願いします
三献之儀新郎新婦が大中小の3つの杯に注がれた御神酒を酌み交わし夫婦の契りを交わします
誓詞奏上新郎新婦が誓いの言葉を神さまにお伝えします
指輪交換新郎新婦が指輪の交換をします
玉串奉奠新郎新婦、ご媒酌人(いない場合は両家の親族代表)が玉串を奉り拝礼します
親族固杯両家の親族が御神酒を酌み交わし親族の契りを交わします
ページトップへ戻る