お問合わせ
0823-21-2508

トピックス
季節の行事やトピックスをご紹介します

夏越大祓(毎年6月30日)のご案内

日常生活の中で知らぬまに体に溜まっていく罪穢れ。とくに「穢れ(ケガレ)」は 「気枯れ」とも言い、ストレスの多い現代社会に於いては気力が枯れた穢れの状態と隣り合わせと言えましょう。 体に溜まった罪穢れを人形(ヒトガタ)にうつして気持ちも身体も清々しく年の後半を迎えましょう!

令和4年6月30日(木)
 9:00~15:30 夏越大祓祈願 随時受付け
 16:00~16:30 夏越大祓祭
 16:30~16:50 茅の輪くぐり神事  

玉串料:夏越大祓祈願 一家族5000円、人形(ヒトガタ)一家族1000円
お下がり:茅の輪の守り、水無月の和菓子(無くなり次第終了)
『年間行事』ページに、 夏越大祓のご案内を詳しく掲載しておりますので、ご覧下さい。

記念事業「令和の大修繕」終了の御礼

昭和30年建築の現社殿も、今年で築65年を迎えます。鉄筋コンクリート造り建造物の寿命と言われる年数の半分を超えました。 そこで、令和改元を記念して、入船山からの遷座130年の節目にあたり、修繕と補強工事を中心とした

厄年・八方除けの年齢早見表

令和4年(2022年)数え年一覧表を掲載いたしました!
今年(令和3年)の一覧も掲載中です。
男の42歳、女の33歳というよく知られた年齢以外にも厄年があるんですよ。年齢のお祓いは一般的に数え年で行い、 数え年満年齢より1才か2才ずれるので、どうぞご確認下さい!
また、「数え年」の意味は、当ホームページ内 「まめ知識」→「日本人の生活に溶け込んだ習俗や慣習」→「数え年」をご覧下さい。

安産祈願と戌の日

お問合せの多い安産祈願と戌の日について掲載しています。 子は国の宝ですから、嬉しい限りです^^
安産祈願のご案内ページに、 戌の日の一覧を 掲載しておりますので、ご覧下さい。

ご奉納・ご寄進のご紹介

◆神社東門入口 椿 植樹
令和元年5月15日 奉納奉告祭斎行(亀山神社氏子総代 松尾昭彦・民恵ご夫妻)

天皇陛下御即位を奉祝して、神社東門周辺に呉市の市花でもある椿を植樹戴きました。
車両の進入口でもある神社東門は、鳥居のある表参道よりも人の出入りが多いくらいの場所ですが、 少し寂しかった入口周辺が椿で覆われて呉の神社らしい景観となりました。
心より感謝申し上げます。

お問い合わせはコチラ

当社からの返信メールを受信できるよう設定してください

0823-21-2508

電話対応時間:毎日 9:00~17:00

ページトップへ戻る